みどり眼科クリニックは日本橋駅直結・東京駅・大手町・丸の内の眼科です。眼科一般、ドライアイ専門外来、眼精疲労、OCT(眼底三次元画像解析)など

2次検診

広角眼底カメラとは?

OCTとは?(眼底三次元画像解析)

ものを見る力

近くを見るということ

網膜・黄斑専門外来


ドライアイ・神経眼科専門外来

求人情報

携帯サイト
下記のQRコードを読み込んでいただくと、
携帯サイトにアクセスできます
QRコード
交通案内
みどり眼科クリニック
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルB2F
TEL:03-3517-1133
みどり眼科クリニックの地図
東京メトロ銀座線/東西線、都営浅草線
「日本橋駅」B5・A6出口直結
JR東京駅 八重洲北口・丸の内から
徒歩5分
地下鉄「大手町」B10出口から徒歩3分
ドライアイ
ドライアイは、涙の不足などが原因で目の表面に傷や障害が生じる病気です。自覚症状がなくてもオフィスワーカーの60%の方がドライアイと言われています。
以下の条件がある方は、ドライアイの可能性が高いです。受診をお勧めします。

すぐ目が疲れる
かすむ
まぶしい
10秒以上、目を開けてられない

更年期をむかえられる方
コンタクト装用しながら一日中PC作業をしている

正常な目
正常な目
他のクリニックで難治性のドライアイ、シェーグレン症候群、両眼の眼瞼けいれん、斜視と診断された方はドライアイ・神経眼科専門外来へお越し下さい。
ドライアイ専門外来では日本医科大学付属病院より小野准教授をお迎えして担当しております。
少しでも気になる症状のある方は受診をお勧めします。


ドライアイの角結膜上皮障害
正常な目は、どうなっているの?
私たちの目は、涙と粘膜で守られています。目の表面が涙でなめらかに覆われていることで、光が正しく入り、くっきりとモノが見えます。

正常な目 目の表面の構造

正常な目が、ドライアイになると・・・。
涙と粘膜に異常が起きることで、目の表面が凸凹(デコボコ)になることです。

デコボコアイになった目の表面

ドライアイは、なぜなるの?
まばたきの回数が減る
 (長時間の読書やパソコン作業時など)
涙が蒸発しやすい環境
 (エアコンの風が直接目にあたる環境など)
コンタクトレンズの装着
病気や手術による自己免疫力の低下や、
 薬の服用
ストレスの蓄積
深酒など生活習慣の悪化
女性ホルモンバランスの崩れ
ドライアイは、なぜなるの?
ドライアイ治療の目薬はありますか?
ドライアイの目薬には『涙にはたらく目薬』と『目の粘膜にはたらく目薬』があります。

『涙にはたらく目薬』
涙にはたらく目薬
人工涙液の目薬涙の成分に近い点眼薬です。
涙が不足しているドライアイの水分補充に用い、目の乾きをやわらげる効果が期待できます。
ヒアルロン酸の目薬
涙の保水性に冨み、乾燥を防ぐ効果が期待できます。
ムチンと水分の分泌を促進する目薬
涙を構成する水分やムチン(粘液)の分泌を促す点眼薬です。
ドライアイの諸症状を改善することが期待できます。

涙にはたらく目薬


『目の粘膜にはたらく目薬』
涙と粘膜にはたらく目薬
粘膜を修復・保護する作用が認められています。ムチン(粘液)を増やす作用があり、粘膜の異常からくる「乾いた感じ・ゴロゴロ感・痛み・見えにくさ」などの症状改善が期待できます。白眼のしわ・たるみ・充血も改善が期待できます。

涙と粘膜にはたらく目薬



みどり眼科クリニック 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-10柳屋ビルB2F TEL:03-3517-1133

Copyright 2013 みどり眼科クリニック.All Rights Reserved.