みどり眼科クリニックは日本橋駅直結・東京駅・大手町・丸の内の眼科です。眼科一般、ドライアイ専門外来、眼精疲労、OCT(眼底三次元画像解析)など

2次検診

広角眼底カメラとは?

OCTとは?(眼底三次元画像解析)

ものを見る力

近くを見るということ

網膜・黄斑専門外来


ドライアイ・神経眼科専門外来

求人情報

携帯サイト
下記のQRコードを読み込んでいただくと、
携帯サイトにアクセスできます
QRコード
交通案内
みどり眼科クリニック
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルB2F
TEL:03-3517-1133
みどり眼科クリニックの地図
東京メトロ銀座線/東西線、都営浅草線
「日本橋駅」B5・A6出口直結
JR東京駅 八重洲北口・丸の内から
徒歩5分
地下鉄「大手町」B10出口から徒歩3分
近くを見るということ

Q.なぜ、近くを見る検査を行なうのでしょうか?


「夕方になると目が疲れる・・・」
「1日中デスクワークをしている・・・」
A. 調節機能が低下すると物体にピントが合わせにくくなるだけでなく、眼精疲労や頭痛、肩こり・吐き気などの症状を伴うことになります。眼精疲労などの原因に調節が関係しているかどうかを知るために、近くを見る検査を行ないます。

左右それぞれの目のピントを合わせる 力
近くのものを見るために、目の筋肉を使って目を内側に向かわせる 力
左右の目の網膜に映った像を、視神経を通って大脳に伝え 1つの像としてまとめる 力


このように近くを見るために目はフル稼働しているのです。

近くを見るときの目のしくみ
近くを見るときは、3つの調節が行なわれます。
輻輳(ふくそう)・・・ 寄り目になる動き
瞳孔(どうこう)が小さくなる
水晶体が厚くなる
近くを見るときの調節 ~ 輻輳(ふくそう)
近くを見るときは、外眼筋の力がはたらいて、眼球が内側によります。寄り目のようになるのです。これを「輻輳」といいます。
人間の目は本来、やや外側を向いています。それが目の自然な位置なのです。
近くを見るときは、本来の目の向きと正反対の方向に動かしていることになります。
ふくそう
近くを見るときの水晶体の調節
近くを見る場合は、外眼筋による輻輳(ふくそう)が行なわれたり、瞳孔が小さくなります。それと同時に、水晶体が厚く調節されます。
水晶体が厚くなることなどによって、屈折力が強くなり、近くのものに焦点(ピント)を合わせます。
みどり眼科クリニック 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-10柳屋ビルB2F TEL:03-3517-1133

Copyright 2013 みどり眼科クリニック.All Rights Reserved.