みどり眼科クリニックは日本橋駅直結・東京駅・大手町・丸の内の眼科です。眼科一般、ドライアイ専門外来、眼精疲労、OCT(眼底三次元画像解析)など

2次検診

広角眼底カメラとは?

OCTとは?(眼底三次元画像解析)

ものを見る力

近くを見るということ

網膜・黄斑専門外来


ドライアイ・神経眼科専門外来

求人情報

携帯サイト
下記のQRコードを読み込んでいただくと、
携帯サイトにアクセスできます
QRコード
交通案内
みどり眼科クリニック
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルB2F
TEL:03-3517-1133
みどり眼科クリニックの地図
東京メトロ銀座線/東西線、都営浅草線
「日本橋駅」B5・A6出口直結
JR東京駅 八重洲北口・丸の内から
徒歩5分
地下鉄「大手町」B10出口から徒歩3分
疲れ目
※以下の症状のある方は、受診をお勧めします。
首や肩のこり、背中や腰の痛みなどの疲労
目の症状・・・ドライアイ、目がかすむ、目の奥が痛い、目を開いているのがつらい
疲れ目について
目を使いすぎると眼精疲労に
眼精疲労とは
眼精疲労とは、目を使う作業を続けていて、ふつうの人では疲れない作業量 にもかかわらず、目の疲れが強く、休息してもなかなか回復しない症状をいいます。
症状として、目の奥が痛い、目がかすむ、見ているうちにぼやける、目を開いているのがつらい、肩がこる、だるい、イライラするという症状があります。
原因はいろいろありますが、過度に目を使ったことで起こる症状です。
眼精疲労はなぜおこる
理由として下記内容が挙げられます。
1.メガネやコンタクトレンズが合わない
2.老眼(老視)
3.不同視
4.外斜視等の眼位異常
5.ドライアイや緑内障等の眼疾患
6.過労、その他 など

目の屈折の異常



調節力と年齢

他に病気はありませんか
眼精疲労は目のさまざまな異常が原因となるために、眼科では、眼精疲労対策として視力、屈折、調節、メガネの各検査と遠近の眼位 ずれと両眼視の検査に加え、他に目の病気がないか眼科一般検査を行います。
これらの検査で眼精疲労の症状に隠れている他の目の病気が見つかることもあります。
たとえば、涙の分泌量 が少なくなる"ドライアイ"という病気は、常に目が乾燥する感じがあり、頻繁に瞬きを繰り返すために目が疲れるというものです。
また、慢性緑内障では、あまり自覚症状はありませんが、徐々に眼圧が上がっていくことで目が疲れることがあります。 眼精疲労があるのに、目に異常が見られないこともあります。
これは、目ではなく、肉体的、精神的に非常に疲れていることから生じた結果 なのです。
眼精疲労を防ぐには、とにかく過労を防ぎ、ゆっくり休息をとることがとても大切です。

快適なメガネの条件

みどり眼科クリニック 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-10柳屋ビルB2F TEL:03-3517-1133

Copyright 2013 みどり眼科クリニック.All Rights Reserved.