みどり眼科クリニックは日本橋駅直結・東京駅・大手町・丸の内の眼科です。眼科一般、ドライアイ、眼精疲労、OCT(眼底三次元画像解析)など

2次検診

広角眼底カメラとは?

OCTとは?(眼底三次元画像解析)

ものを見る力

近くを見るということ

網膜・黄斑専門外来


ドライアイ・眼精疲労検査外来

求人情報

携帯サイト
下記のQRコードを読み込んでいただくと、
携帯サイトにアクセスできます
QRコード
交通案内
みどり眼科クリニック
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルB2F
TEL:03-3517-1133
みどり眼科クリニックの地図
東京メトロ銀座線/東西線、都営浅草線
「日本橋駅」B5・A6出口直結
JR東京駅 八重洲北口・丸の内から
徒歩5分
地下鉄「大手町」B10出口から徒歩3分
ご挨拶
伝統ある日本橋に『みどり眼科クリニック』を平成19年9月に開院させていただきました。
皆様の眼科の『かかりつけ医』として近隣の医療機関と連携した医療を行ない、地域医療に貢献していきたいと考えております。
近年、目を酷使する時代なのに合わないコンタクトレンズやメガネを使用している方が多いです。
その結果として、眼精疲労・充血・目の痛みを引き起こしております。また、ドライアイ・眼精疲労・緑内障・黄斑疾患が大変増加しております。
脳の情報の60%以上は目から入っていますので、眼の健康は脳と全身の健康にも大きく影響します。目に異常を感じたらすぐ受診しましょう。
当院は患者さんに眼の状態を把握していただく為、画像をお見せしております。
OCT・広角眼底カメラなどの最新医療機器を備え、緑内障・黄斑変性・網膜剥離 等、視力障害を早期発見するために努力し、また今後人生100年時代快適に過ごす為には、眼疾患を早期発見することがとても重要です。特に長期で1日中使用している方は緑内障、黄斑変性を引き起こす可能性があります。30代になられたら定期検診をお勧めします。
また、日本医科大学付属病院の志和教授による特別外来(白内障・網膜)と順天堂大学医学部附属浦安病院の本田准教授による特別外来(網膜・黄斑)を設けております。お悩みの方は是非ご来院下さい。
東京駅、丸の内、大手町からも徒歩5分前後ですので、お気軽にお立ち寄りいただけます。いつでもお気軽に御来院・御相談ください。
院長プロフィール
院長:西脇 澄子
岐阜高校 卒業
岐阜大学医学部 卒業
日本医科大学およびその関連病院に勤務
平成10年4月 福島駅前クリニック眼科  開院
平成19年8月 福島駅前クリニック眼科  閉院
平成19年9月 みどり眼科クリニック 開院
現在、日本医科大学眼科医局員
資格
日本眼科医会会員 精神保健指定医
専門分野
ドライアイ 緑内障


医師プロフィール
医師:本田 美樹
平成  7年3月 東京女子医科大学卒業
平成  7年6月 東京大学医学部第三外科
平成  9年1月 順天堂大学眼科
平成10年1月 焼津市立総合病院眼科
平成14年1月 順天堂大学医学部附属浦安病院助手
平成20年4月 順天堂大学医学部附属浦安病院 准教授
現在に至る
資格
日本眼科学会 眼科専門医・眼科指導医
専門分野
網膜硝子体 加齢黄斑変性
専門分野
眼内ドラッグデリバリーシステムの開発
みどり眼科クリニック 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-10柳屋ビルB2F TEL:03-3517-1133

Copyright 2013 みどり眼科クリニック.All Rights Reserved.