みどり眼科クリニックは日本橋駅直結・東京駅・大手町・丸の内の眼科です。眼科一般、ドライアイ専門外来、眼精疲労、OCT(眼底三次元画像解析)など

2次検診

広角眼底カメラとは?

OCTとは?(眼底三次元画像解析)

ものを見る力

近くを見るということ

網膜・黄斑専門外来


ドライアイ・神経眼科専門外来

求人情報

携帯サイト
下記のQRコードを読み込んでいただくと、
携帯サイトにアクセスできます
QRコード
交通案内
みどり眼科クリニック
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルB2F
TEL:03-3517-1133
みどり眼科クリニックの地図
東京メトロ銀座線/東西線、都営浅草線
「日本橋駅」B5・A6出口直結
JR東京駅 八重洲北口・丸の内から
徒歩5分
地下鉄「大手町」B10出口から徒歩3分
各種検査
OCT検査(眼底三次元画像解析)
網膜の中の黄斑部・視神経乳頭の断層画像を撮影する検査です。
診察だけでは分かりにくい網膜の内層状態を調べ、緑内障、黄斑円孔、黄斑前膜、糖尿病黄斑症、黄斑浮腫、加齢黄斑変性、網膜剥離など網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。

※当クリニックでは、高性能のZEISSのOCT(光干渉断層計)を設備しています。
 眼底写真と断層像の同時撮影が可能で、眼底写真のどの部分が断層像に相当するかを
 正確に把握することができます。
視力検査
離れた位置からどのくらい指標が判別できるか視力を判定する検査です。
視野検査
眼の病気には、視野が狭くなったり、視野が欠ける障害が生じるものがあります。
視野に見えない部分を感じたときは、緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜色素変性症などの疑いがあります。また、眼は脳とも密接につながっていますので、視野検査によって眼疾患だけでなく、頭蓋内の疾患が発見されることもあります。
眼底検査
眼底検査とは、瞳孔の奥にある眼底を、レンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。
網膜剥離や眼底出血、緑内障、黄班部変性、糖尿病網膜症などの目の病気を調べることができます。
当院ではoptocでより広範囲に撮影ができます。
眼圧検査
房水という液体によって保たれている眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。
眼圧の変動は目の異常を知る重要な手がかりです。高眼圧症や緑内障などの早期発見に役立ちます。眼圧が正常でも測定するたびに変動が大きい場合は、異常のサインのことがあります。
屈折・矯正視力検査
遠視、近視、乱視などの屈折異常の検出とそれをレンズによって矯正を行う検査です。
レンズ無しで測った時の視力を裸眼視力、レンズ有りで矯正した視力を矯正視力といいます。
角膜曲率半径検査
角膜の形状を詳しく調べる検査です。
細隙灯顕微鏡検査
細隙灯(さいげきとう)と呼ばれる拡大鏡を使用し、帯状の光を目に当てて目の病気を調べる検査です。
生体染色顕微鏡検査
薬液により角膜や結膜の組織を染色し、その構造や状態などを細隙灯の照明をあてて検査します。
みどり眼科クリニック 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-10柳屋ビルB2F TEL:03-3517-1133

Copyright 2013 みどり眼科クリニック.All Rights Reserved.